ホーム > 観光・イベント > 味・技 > ふれあいバザール

味・技

ふれあいバザール

2014年02月21日更新

 山県市美山地域には、地元の生産者が持ち寄った新鮮な野菜や加工品を販売している農産物直売所があります。
 隣接する食事処では、手打ちそばと山菜の天ぷら、伝統食材「桑の木豆」のフライや、おこわがセットになった定食が人気です。
 伝統食材「桑の木豆」とは、昔から桑畑が多くあった美山地域で、桑の木に絡ませて栽培されていたことからその名がついたいんげんまめの一種です。
 完熟すると、さやや豆に赤くかすり模様が入り、目に鮮やかな豆になります。完熟した豆は、さやごと乾燥し保存しておきます。水でもどして調理するときは、さやごと使われる珍しい豆です。
 この「桑の木豆」を使用して「桑ちゃんおかず味噌」、「まめなかな」(そばまんじゅう)、「豆かなアイス」などさまざまな加工品を提供することで、ふれあいバザールは地域の食文化を伝えています。




住所山県市船越416-13
営業時間飲食部門:午前9時~午後3時
直販部門:午前7時~午後5時
定休日飲食部門:毎週月曜日、第3日曜日
直販部門:毎週月曜日のみ
お問い合わせ先ふれあいバザール
電話0581-53-2125

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオ問合せまで下さい。

お問い合わせ

産業課  電話:0581-22-6830  FAX:0581-22-2118

当サイトに対するみなさまのご意見をお聞かせいただき、ページ作成の参考にさせていただきます。

このページの情報は役に立ちましたか?
    
このページに対するご意見・ご要望がありましたら、下記に入力してください。なお、返信をご希望される場合は、メールアドレス等をご記入ください。