ホーム > 観光・イベント > 味・技 > 連柿

味・技

連柿

2012年02月20日更新


伊自良地域は、「連柿」と呼ばれる干し柿作りが盛んに行われています。連柿は、「伊自良大実(おおみ)」と言う渋柿を使い、それを串とわらにより1連30個に編み上げます。1mほどの長さに連ねられた連柿を、農家の軒先に吊します。軒先が柿のオレンジ色で彩られるため、カメラマンに人気の高い被写体となっています。
連柿は、初冬の日差しと寒風に約1ヶ月さらすと、あめ色に変色し、甘味が凝縮され、特に迎春用の贈答品や縁起ものとして喜ばれます。

販売所てんこもり農産物直売所
しゃくなげの里

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオ問合せまで下さい。

お問い合わせ

産業課  電話:0581-22-6830  FAX:0581-22-2118

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。

ネットワーク環境の変更により、7月から11月17日までに各ページのお問い合わせフォームから送信された一部のご意見が受信できない状況となっておりました。
この期間中にお問い合わせフォームから送信していただいた皆さまには、お詫び申し上げます。