ホーム > 教育 > 教育委員会 > 教育ローン利子補給金交付制度

教育委員会

教育ローン利子補給金交付制度

2017年03月30日更新

教育ローン利子補給金交付制度

 学校教育法に規定する大学などで修学するために、金融機関などから教育資金の貸付けを受けた人に対して、経済的負担の軽減と教育の振興を図るため、利子補給金を交付します。

【利子補給対象者】

 次の要件すべてに該当する人を対象とします。

  1. 市内に住所を有し、かつ引き続き1年以上市内に居住している人
  2. 学校教育法に規定する高等専門学校(大学に相当する課程に限る。)、専修学校(専門課程に限る。)、短期大学、大学、または大学院(以下「大学など」という。)で修学するために、金融機関などから教育資金の貸付けを受けた人
  3. 世帯全員の市税、国民健康保険税などに滞納がない人
  4. 利子補給を受けようとする教育資金に関して、ほかの利子補給を受けていない人

【利子補給の対象となる教育資金】

 金融機関などから証書貸付けにより借り受けた教育資金で、償還が月賦償還方式のものを対象とします。

【利子補給金対象限度額】

 学生1人につき、350万円を限度とします。

【利子補給率】

 契約借入利率と3パーセントを比較し、いずれか低い方の率とします。

【利子補給金額】

 利子補給率を約定利息で除したものに支払利子額を乗じて得た額とします。(その額に1円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てます。)

【利子補給期間】

 利子補給期間は、在籍する大学などの正規の修学期間とします。

【利子補給算定対象期間】

 申請日の属する年度の前年度の4月1日から3月31日までの1年間に支払われた利子を対象とします。
 ※平成29年度に受け付ける申請書は、平成28年4月1日から平成29年3月31日までの1年間に支払われた利子が対象です。

【申請手続】

 教育ローン利子補給金交付申請書に次の書類を添付し、学校教育課に提出してください。(毎年申請が必要です。)

  1. 資金貸付契約書の写し
  2. 償還予定表の写し
  3. 利子の支払額を証明できる書類
  4. 在学証明書または卒業証明書
  5. 申請者の住民票の写し

※教育ローン利子補給金交付申請書、利子の支払額を証明できる書類は、学校教育課またはホームページから取得できます。

【申請期限・提出先】

【交付決定・交付金請求】

 審査後、交付決定(または不交付決定)通知書を送付します。交付決定通知を受けた人は、別途請求書を提出していただきます。(請求書を受理した後、1年分を一括して指定口座に振り込みます。)



※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオ問合せまで下さい。

お問い合わせ

学校教育課  電話:0581-22-6844  FAX:0581-22-6851

当サイトに対するみなさまのご意見をお聞かせいただき、ページ作成の参考にさせていただきます。

このページの情報は役に立ちましたか?
    
このページに対するご意見・ご要望がありましたら、下記に入力してください。なお、返信をご希望される場合は、メールアドレス等をご記入ください。