ホーム > 教育 > 教育委員会 > 耐震化・施設整備

教育委員会

耐震化・施設整備

2014年04月10日更新

耐震化・施設整備

山県市立小中学校の耐震化状況の公表について

学校施設は、児童生徒が一日の大半を過ごす学習・生活の場であるとともに、災害発生時には地域住民の避難場所となる役割を担うことから、耐震化を図る事が重要です。
こうしたなか、旧耐震基準で建設された市内各小中学校の耐震診断は全て完了しており、その結果により、耐震性の低い施設から順次、耐震化工事を進め、平成25年3月末ですべて完了しました。(耐震化率は100%)
(別紙表の凡例)

構造R (鉄筋コンクリート造)
S (鉄骨造)
RS(鉄筋コンクリート造と鉄骨造の中間構造)
耐震基準旧 (昭和56年以前の耐震基準で設計・建築された建物)
新 (上記以降に設計・建築された建物であり、耐震基準を満たしている)
Is値建物の耐震性能を表す数値(構造耐震指標)で、国土交通省は0.6、
文部科学省では安全の目安としておおむね0.7を超えることとしています。
Is値の目安
 (平成18年1月25日 国土交通省告示第184号による)
0.3未満  地震に対して倒壊または崩壊する危険性が高い
0.3以上0.6未満  地震に対して倒壊または崩壊する危険性がある
0.6以上   地震に対して倒壊または崩壊する危険性が低い

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオ問合せまで下さい。

お問い合わせ

学校教育課  電話:0581-22-6844  FAX:0581-22-6851

当サイトに対するみなさまのご意見をお聞かせいただき、ページ作成の参考にさせていただきます。

このページの情報は役に立ちましたか?
    
このページに対するご意見・ご要望がありましたら、下記に入力してください。なお、返信をご希望される場合は、メールアドレス等をご記入ください。