ホーム > 暮らし > 住宅・建築物 > 住宅・建築物耐震化 > 木造住宅耐震補強工事費補助

住宅・建築物耐震化

木造住宅耐震補強工事費補助

2016年05月02日更新

木造住宅耐震補強工事費補助

木造住宅耐震補強工事費補助

木造住宅の耐震補強工事費用の一部を補助します。

対象住宅昭和56年5月31日以前に着工された木造の一戸建て住宅(店舗などとの併用住宅は延べ床面積の2分の1以上が住宅部分のもの)。
在来軸組構法、伝統的構法および枠組壁工法によるもの。
対象耐震補強工事所有者自身が実施し、岐阜県木造住宅耐震相談士が設計および工事監理を行う耐震補強工事。
補強後の評点が一定の基準以上となる耐震補強工事。
補助金額
  • 0.7簡易補強
    補助対象事業費(A)が120万円以下の場合は、(A)×61.5%
    補助対象事業費(A)が120万円超えの場合は、(A)×11.5%+ 一律60万円。ただし上限は84万円。
  • 1.0補強
    補助対象事業費(A)が120万円以下の場合は、(A)×61.5%
    補助対象事業費(A)が120万円超えの場合は、(A)×11.5%+ 一律60万円。ただし上限は101.1万円。

※国などの制度変更により、補助率や補助額が変わる場合があります。

申込み方法事前に岐阜県木造住宅耐震相談士に相談のうえ、「耐震補強工事実施計画書」に必要な書類を添えて、申し込んでください。
予算に限りがありますので、早めに申し込んでください。
申込み締切11月末日(末日が閉庁日の場合は次の開庁日)

対象耐震補強工事の要件(1または2に該当すること)

  1. 耐震診断による評点が1.0未満とされた住宅について、補強後の評点が1.0以上となる耐震補強工事であること。(1.0補強)
  2. 耐震診断による評点が0.7未満とされた住宅について、補強後の評点が0.7以上となる耐震補強工事であること。(0.7簡易補強)
    ただし、耐震補強工事にあわせて家具の転倒防止対策も実施すること。
関連ページ 申請書(木造住宅耐震補強)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオ問合せまで下さい。

お問い合わせ

建設課  電話:0581-22-6832  FAX:0581-22-2118

当サイトに対するみなさまのご意見をお聞かせいただき、ページ作成の参考にさせていただきます。

このページの情報は役に立ちましたか?
    
このページに対するご意見・ご要望がありましたら、下記に入力してください。なお、返信をご希望される場合は、メールアドレス等をご記入ください。