ホーム > まちづくり > 企業立地 > 地域未来投資促進法

企業立地

地域未来投資促進法

2017年10月06日更新


 地域未来投資促進法は、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者に対する経済的波及効果を及ぼすことにより、地域経済を牽引する事業(「地域経済牽引事業」)を促進することを目的としています。

 そして、地域経済牽引事業を促進することにより、成長性の高い新たな分野に挑戦する取組(「地域未来投資」)が活発になることで、地域経済における稼ぐ力の好循環の実現を目指しています。

 市は、地域未来投資促進法に基づく基本計画を策定し、国、岐阜県および関係機関と共に地域経済牽引事業者である水栓バルブ製造関連企業に対し積極的に支援を行います。

市基本計画の概要

「活用戦略」     水栓バルブ製造の産業集積を活用した成長ものづくり分野で、製造関連企業の稼ぐ力を強化
「計画期間」     平成29年9月末日 ~ 平成35年3月末日
「経済的効果の目標」 新たに5億円の付加価値額を創出

関連ページ 地域未来投資促進法(経済産業省)

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオ問合せまで下さい。

お問い合わせ

まちづくり・企業支援課  電話:0581-22-6831  FAX:0581-22-2118

当サイトに対するみなさまのご意見をお聞かせいただき、ページ作成の参考にさせていただきます。

このページの情報は役に立ちましたか?
    
このページに対するご意見・ご要望がありましたら、下記に入力してください。なお、返信をご希望される場合は、メールアドレス等をご記入ください。