ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 介護予防事業 > 地域で安心して暮らすために > 地域包括ケアシステムを構築中

地域で安心して暮らすために

地域包括ケアシステムを構築中

2015年03月19日更新

住み慣れた地域でいくつになっても住み続けるために

 「地域包括ケアシステム」とは、住み慣れた地域や家庭で、いくつになっても必要な医療や介護などのサービスを受けられ、安心して自分らしい暮らしが続けられるような「地域ぐるみの体制づくり」のことです。
 超高齢社会に加え、一人暮らしや高齢夫婦世帯の増加、また、認知症高齢者の増加も社会問題となっています。高齢化が進めば、それだけ医療や介護が必要な割合も増えてきますが、約8割の人が自宅での治療を希望しています。
 住み慣れた地域で、自分らしい暮らしをいつまでも続けることができるように、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される体制づくりを進めています。


お問い合わせ

健康介護課  電話:0581-22-6838  FAX:0581-22-6841

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。