ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 介護予防事業 > 地域で安心して暮らすために > 高齢者の見守り

地域で安心して暮らすために

高齢者の見守り

2013年05月20日更新

高齢者の見守り

高齢者が住みなれた自宅で安心して生活が続けられるように、ボランティアが安否確認や定期的な状況確認のためにみまもり訪問をします。

対象者

ひとり暮らし高齢者や高齢者世帯、認知症高齢者等でみまもりが必要と判断される人。

内容

 ボランティア協力員が2人1組となり、定期的(月1回以上)に自宅を訪問し、安否確認や声かけを行います。
緊急対応が必要なときは、地域包括支援センターが対応します。

ボランティアについて

 ボランティアは、市民を対象に行うみまもりボランティア講座を受講された方です。訪問活動の他、よりよい訪問活動ができるように、月1回定例会を開催しています。 
また、緊急通報システムが設置してある高齢者宅に定期的に電話をかけ、システムの使用法の確認及び安否確認、状況把握も行っています。 

※訪問を希望される方はご相談ください。

お問い合わせ

健康介護課  電話:0581-22-6838  FAX:0581-22-6841

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。