ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種 > 成人期の風しんワクチン接種

予防接種

成人期の風しんワクチン接種

2018年12月01日更新

12月1日から風しん予防接種公費助成の対象者が拡大されました

 妊婦、とくに妊娠初期の女性が「風しん」にかかると、生まれてくる赤ちゃんが、目、耳、心臓に病気を持つ「先天性風しん症候群」という病気にかかることがあります。
 先天性風しん症候群を防止するため岐阜県では、現在の無料風しん抗体検査の対象者である妊娠を希望する女性、十分な免疫を持っていない妊婦と同居する人に加えて、平成30年12月1日からは、風しん抗体保有率が低い年代である30歳以上60歳未満の男性も対象となりました。
 それに伴い、市では、風しん予防接種の公費助成の対象者を現在の対象者に加え、30歳以上60歳未満の男性も対象とし、次のとおり公費助成を行っています。

接種期間

平成30年12月1日~平成31年3月31日

接種対象者

風しんにかかったことがなく、風しん抗体価を十分に保有していない人(※1)で次のいずれかに該当する人

(1)妊娠を希望する女性
(2)風しんの抗体を十分に保有せず妊娠している女性の夫や同居者
(3)30歳以上60歳未満の男性(事業拡大対象者)

※1 風しんの抗体価を十分に保有していないとする判断は、原則HI価16以下(EIA法や別の検査方法による同等の結果を含む)です。

接種の手続き

接種を希望する人は、あらかじめ対象事項を確認のうえ予診票を渡しますので、次の持ち物を持参し子育て支援課(母子健康係)へお越しください。
(持ち物) 運転免許証、健康保険証などの身分証明書(全員)

  (1)妊娠を希望する女性、30歳以上60歳未満の男性
      ・風しん抗体検査結果票
  (2)妊娠している女性の夫、同居者の場合
      ・母子手帳
      ・妊婦健診の風しん抗体検査結果票
      ・夫または同居者の風しん抗体検査結果票

※ 風しん抗体検査は岐阜県の公費助成を受け、指定医療機関で無料で受けることができます。
  対象となる人や実施場所など詳しくは岐阜県のホームページ(新しいウインドーで開く)を確認してください。

接種場所

接種には市がお渡しする予診票が必要です。
また接種時は、あらかじめ市指定医療機関へ予約してください。

※市の指定医療機関以外で接種を受けた人は、公費助成の対象外です。

お問い合わせ

子育て支援課  電話:0581-22-6839  FAX:0581-22-2117

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。