ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > ごみの種類と出し方 > ごみの種類と出し方 > エアゾ-ル缶(スプレ-缶)、カセットボンベの出し方

ごみの種類と出し方

エアゾ-ル缶(スプレ-缶)、カセットボンベの出し方

2018年12月21日更新

エアゾ-ル缶(スプレ-缶)、カセットボンベの出し方

必ずガス抜きをし、穴をあけて「不燃ごみ袋」で出してください

中身が残ったエアゾ-ル缶(スプレ-缶)やカセットボンベをそのまま捨ててしまうと、ごみ収集車やごみ処理施設での火災や破裂事故の原因となります。エアゾ-ル缶(スプレ-缶)やカセットボンベは中身を使いきり、穴をあけて、「不燃ごみ袋」で出してください。

ガス抜きを行う時の注意事項

・屋内では、絶対に作業しないでください。
・風通しの良い野外で作業してください。
・近くに火気のないことを確認してください。
・中身が残っているエアゾ-ル缶(スプレ-缶)、カセットボンベに不用意に穴をあけると火災や破裂事故につなが る恐れがありますので、必ず中身が空になってから穴をあけてください。

ガス抜きの方法について

缶を振って「シャカシャカ」と音がする場合は中身が残っています。必ず使い切った後に穴をあけてください。
1.使い切った後、ガス抜きキャップがついている場合は、製品に書いてある使用方法を確認して、ガスを完全に抜いてください。
2.ガス抜きキャップがついていない場合は、ボタンを押してガスを完全に抜いてください。その場合、周囲へ飛散しないようにティツシュや新聞紙などへ吹き付けるなど、ご配慮をお願いします。

お問い合わせ

市民環境課(生活環境係)  電話:0581-22-6828  FAX:0581-22-6850

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。