ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > ごみの種類と出し方 > ごみの種類と出し方 > 可燃ごみ(燃えるごみ)

ごみの種類と出し方

可燃ごみ(燃えるごみ)

2019年03月21日更新

可燃ごみ(生ごみ、紙くず、布、ビニ-ル類、プラスチック小物など)

〇ごみを各家庭で焼却することは禁止されていますので、注意してください。
〇生ごみは、ボカシ、コンポスト、生ごみ処理機などの利用により堆肥化し、有効利用に努めごみ減量を推進しましょう。
〇マナーを守って、ごみの減量化、資源化に協力をお願いします。地区ごとの収集日は、「環境衛生カレンダー」で確認してください。

収集方法出す時の注意
ステーション方式
週2回、地区ごとに指定された日時に収集

・ 必ず収集日に出してください。(8時までに)
・ 市指定の燃えるごみ収集袋に入れて出してください。
・ 二重に袋を使用して、中が確認できない収集袋や不燃ごみ・粗大ごみ不適物が混入している収集袋は収集できませんので注意してください。
 (収集できないごみ袋が出されていた場合は「収集できないごみ」のシールを貼って収集しません)
・ 水分のあるものは、十分に水切りをしてから出してください。
・ 枝は直径3センチメートル以下のもので、指定袋に必ず収めてください。
・ 衣類は資源回収または山県市クリーンセンターへ直接持ち込みもできます(無料)

山県市指定可燃ごみ収集袋

可燃ごみ収集袋は、次の「山県市指定ごみ袋等取扱店」で購入してください。

収集袋・処理券種類金額
可燃ごみ収集袋(大)45リットル半透明で緑色の字500円(10枚入)
(小)30リットル半透明で緑色の字350円(10枚入)
関連ページ 山県市指定ごみ袋等取扱店一覧

お問い合わせ

市民環境課(生活環境係)  電話:0581-22-6828  FAX:0581-22-6850

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。