ホーム > 暮らし > 水道 > 公共下水道・農業集落排水 > 4つの点検

公共下水道・農業集落排水

4つの点検

2012年03月05日更新

みんなの手で作ろう下水道 4つの点検

 平成14年度、国は下水道事業の再点検結果を適切に評価するとともに、住民への説明責任、創意工夫の観点から事業内容を評価し、適切な計画について優先的に補助を採択するという方針を打ち出しました。
 山県市では、平成6年度の赤尾地区農業集落排水施設供用開始をはじめに、梅原地区、大桑地区、伊自良左岸、伊自良右岸と整備を行い、平成15年には桜尾地区で供用開始しました。また、平成15年度からは、高富・富岡地区において公共下水道事業を開始しました。市では、次の4つの再点検を行い、効率的な事業実施に努めます。

4つの点検とは

  1. 役割分担の再点検
     他の汚水処理施設との役割分担を費用比較、その他の観点により再度合理的に検討。特に、人口減少を見据えた合理的分担を検討。
  2. コスト管理の再点検
     現在の整備単価を分析し今後の整備単価の見通しと、より一層のコスト低減方策を再度合理的に検討。
  3. 時間管理の再点検
     整備順位の再検討を行うとともに整備のスピードアップ、効果発現の迅速化のための方策等を再度合理的に検討。
  4. 整備効果の再点検
     上記3つの再検討を踏まえ、下水道事業の整備効果(B/C)を再度合理的に検討。
全体計画及び平成20年度から平成24年度までの整備計画
項目全体計画事業認可
事業種別公共下水道事業(単独)
処理区名高富処理区
目標年平成32年度平成24年度
排除方式分流式
計画区域(ha)337240
計画処理人口(人)14,60010,000

お問い合わせ

水道課  電話:0581-22-6835  FAX:0581-22-2116

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。