ホーム > まちづくり > 道路・河川 > 橋梁 > 落橋防止装置等の溶接不良

橋梁

落橋防止装置等の溶接不良

2015年11月06日更新

落橋防止装置等の溶接不良について

 国土交通省が施工した橋梁において、久富産業(株)および(株)北陸溶接検査事務所が関わった工事で落橋防止装置等の溶け込み溶接部における不良が確認されました。これを受けて、山県市の工事において、両社がかかわった工事の有無を確認した結果、対象が1件(下坂橋:山県市中洞地内)ありました。

 その橋梁の落橋防止装置について、溶け込み溶接部の健全性を検証するための検査を実施した結果、落橋防止装置の一部の部材に溶接不良が発見されました。

 今後は、その一部の部材の補修もしくは取替えを前提として、関係機関と情報共有を図りながら対応してまいります。

 なお、対象となっている落橋防止装置は、大規模地震発生時に橋梁の落下を防止するもので、通常時の橋梁の通行に支障を来たさないため、通行止めなどの措置は行いません。

お問い合わせ

建設課  電話:0581-22-6832  FAX:0581-22-2118

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。