ホーム > 市政 > 募集 > 意見・パブリックコメント > 平成26年度パブリックコメント実施結果 > 山県市行政手続条例の一部を改正する条例(案)

平成26年度パブリックコメント実施結果

山県市行政手続条例の一部を改正する条例(案)

2014年12月25日更新

山県市行政手続条例の一部を改正する条例(案)

受付は終了しました。

山県市行政手続条例の一部を改正する条例(案)に関して意見を募集した結果、ご意見はありませんでした。

パブリックコメントを行う条例などの名称

概要

 行政不服審査法の改正に併せ、平成26年6月に行政手続法の一部を改正する法律が公布され、平成27年4月1日より施行されます。
 行政手続法は、申請に対する処分、不利益処分、行政指導、届出及び命令等の制定について行政庁等が経るべき手続について、法律等に基づく手続きのみを対象としています。
 一方、山県市行政手続条例では、条例等に基づく手続や行政指導について定められています。
 本市では、行政手続法の改正に合わせ、山県市行政手続条例についても同様の改正を行うこととし、行政手続法の一部を改正する法律の施行に併せ、平成27年4月1日から施行することにしています。

山県市行政手続条例の一部を改正する条例の主な内容
(1) 行政指導の根拠等の明示  新条例第33条第2項
   行政指導に携わる職員は、行政指導をする際、市が許認可等をする権限又は許認可等に基づく処分をする権限を持っていることを示す場合は、その相手方に対して、当該権限を行使できる根拠の条項、条項に規定する要件及び要件に適合する理由を示さなければならないものとします。
(2) 行政指導の中止等の求め      新条例第34条の2
 市が行う法令に違反する行為の是正を求める行政指導の相手方は、その行政指導が法令に規定する要件に適合しないと考えるときは、市に対し、その旨を書面で申し出て、当該行政指導の中止その他必要な措置をとることを求めることができるものとします。
 また、申出を受けた場合、市は、必要な調査を行い、当該行政指導が当該法令に規定する要件に適合しないと認めるときは、当該行政指導の中止その他必要な措置をとらなければならないものとします。
(3)処分等の求め                 新条例第35条の2
 誰でも、法令に違反する事実を発見した場合に、その是正のためにされるべき処分又は行政指導がされていないと思ったときは、当該処分又は行政指導をする権限を有する市の機関に対し、その旨を書面で申し出て、当該処分又は行政指導をすることを求めることができるものとします。
 申出を受けた市の機関は、必要な調査を行い、その結果に基づき必要があると認めるときは、当該処分又は行政指導をしなければならないものとします。

 つきましては、上記の条例案に対する市民の皆様の意見を広く募集します。

公開の方法

意見募集期間

 平成26年12月25日(木)~平成27年1月23日(金)

意見を提出できる人

提出方法

 「山県市パブリックコメント意見提出様式」に、意見・住所・氏名・連絡先を記入のうえ、郵便・ファクシミリ・電子メールまたは直接、市役所総務課へ提出してください。

提出された意見の取り扱い

 提出された意見の概要、これに対する市の考え方、案を修正した場合はその修正内容を市のホームページおよび市役所総務課の窓口で公表します。

 なお、個々のご意見には直接回答はしませんのでご了承ください。

お問い合わせ

総務課  電話:0581-22-6820  FAX:0581-27-2075

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。