ホーム > 市政 > 山県市議会 > 請願・陳情

山県市議会

請願・陳情

2019年02月18日更新

請願・陳情

請願

 請願とは、国や地方公共団体に対して、市民生活についての要望をするもので、憲法に保障された市民の皆さんの権利の一つです。請願の対象は、基本的にはその県や市の事務、執行機関の事務についてです。
 市議会に請願を提出する場合は、紹介議員が必要です。また、受理されたものは、関係する常任委員会(場合によっては議会運営委員会や特別委員会)に付託されそこで審議します。
 請願は、議題として本会議に上程する関係から、定例会前の議会運営委員会の前々日正午までに受理したものがその定例会で審査され、それ以降に受理したものについては、次の定例会で取り扱われます。
 請願の提出については、次の事項に留意してください。

1.日本語を用いた文章で提出してください。
2.請願の趣旨、提出年月日を記載してください。
3.請願者の住所と氏名を記載し、押印してください。
4.請願者が複数のときは、すべての請願者の住所と氏名を記載してください。
5.法人や諸団体の場合は、法人等の住所、名称及び代表者を記載してください。
6.紹介議員の署名または記名押印が請願書の表紙に必要です。
7.請願書の宛先は議長としてください。

平成27年
請願第1号 所得税法第56条の廃止を求める請願書(平成27年6月26日:不採択)

平成28年
請願第1号 有害鳥獣対策事業が円滑に実施されるための請願(平成28年3月18日:採択)
請願第2号 都市ガス導管埋設の中止を求める請願(平成28年9月26日:採択)

平成29年
請願第1号 国保都道府県単位化に伴う請願書(平成29年6月23日:不採択)

平成30年
請願第1号 所得税法第56条の廃止を求める請願(平成30年6月21日:不採択)

陳情

 陳情は、請願と違い憲法上の権利ではないため、その処理については、全てを本会議や委員会で取り扱いをするものではありませんが、議長は受理した陳情書の写しを議員全員に配布します。なお、陳情では紹介議員は必要ではありません。
 議会では、議員提案により、意見書の提出・決議など、議会での審議を行うことができます。

お問い合わせ

議会事務局  電話:0581-22-6840  FAX:0581-22-6852

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。