ホーム > 市政 > 非核平和都市宣言 > 原爆死没者の慰霊と平和祈念の黙とうを行います

非核平和都市宣言

原爆死没者の慰霊と平和祈念の黙とうを行います

2019年08月02日更新

原爆死没者の慰霊と平和祈念の黙とうを行います

 広島市と長崎市は、8月6日と8月9日に被爆74周年を迎えるに当たり、原爆死没者の御霊を慰め、併せて世界恒久平和の実現を祈念するため、市民や全国の原爆死没者の遺族、各界有志の参列のもと、慰霊と平和祈念の式典を行います。この式典において、広島市長と長崎市長が全世界に向け、核戦争の悲惨さと核兵器の廃絶を強く訴える「平和宣言」を行うとともに、広島に原爆が投下された8月6日午前8時15分と長崎に原爆が投下された8月9日午前11時02分に、原爆死没者の冥福と世界恒久平和の実現を祈念するため、平和の鐘を合図に1分間の黙とうを捧げます。
 昨年、非核平和都市宣言を制定した本市はこの取り組みに賛同し、8月9日午前11時02分に市役所の館内放送で呼びかけ、1分間の黙とうを行いますので、来庁者の皆さんはご協力お願いいたします。
 また、この趣旨をご理解いただき、それぞれの家庭、職場、地域などでも敬けんな黙とうを捧げていただきますようお願いします。

注)8月6日午前8時15分は、市役所の執務時間外のため、館内放送を利用した黙とうは行いません。



お問い合わせ

総務課  電話:0581-22-6820  FAX:0581-27-2075

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。