ホーム > 市政 > 計画・施策 > 公共施設等総合管理計画 > 山県市公共施設等総合管理計画

公共施設等総合管理計画

山県市公共施設等総合管理計画

2018年04月20日更新

山県市公共施設等総合管理計画

 市は、平成15年の3町村合併以来、それぞれの歩みをそろえ一つのまちとして、まちづくりの施策を展開してきました。しかしながら、少子高齢化、人口減少の進行、さらには、地方交付税の減少、市税収入の減少、公共施設の老朽化、超高齢社会への変化に伴う扶助費の増加など、今後も厳しい財政状況が続くことを予想しています。このような状況の中、従来どおりの考え方で公共施設への投資を続けていくことは難しく、効率よく公共施設を管理運営していく必要があります。これらを踏まえて、公共施設の効率的かつ効果的な維持管理を行い、長期的な視点をもって、公共施設の更新、統廃合、長寿命化などに計画的に取り組み、財政負担の軽減および持続可能な市民サービスを提供するために、「山県市公共施設等総合管理計画」を策定しました。


このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。