ホーム > 市政 > 市長の部屋 > メッセージ > 過去のメッセージ > 平成25年を振り返って[平成25年12月]

過去のメッセージ

平成25年を振り返って[平成25年12月]

2013年12月27日更新

平成25年を振り返って

 今年、山県市は合併10周年を記念し、卓球の石川佳純選手の卓球教室やトークショー、特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会など将来に向け夢や希望を持てるような事業を行ってきました。10月には、合併10周年記念式典を花咲きホールで行い、名誉市民の称号の授与や都市宣言「水と緑を大切に 活力ある山県市」の披露を行うことができました。都市宣言は、山林面積8割余の本市の豊かな自然を次代に引き継ぐのは、今を生きる私たちの責務であり、商工産業をはじめとした地域の活性化を目指すもので、本市のセカンドステージの道標を示すことができたと感じています。

 また、今年はいよいよ市内でも東海環状自動車道の工事が始まり、より良い地域社会を目指していく上で、住民の皆さま方の「力」はますます重要になってまいります。今後とも市民の皆さま方のご理解をお願いいたしますとともに、皆さま一人一人が、健康で良い年を迎えられることを祈念いたします。

 さて、今年も本市の職員投票による「市政10大ニュース」がまとまりましたので、お知らせいたします。市民の皆さま方が、今年1年を振り返る一助となれば幸いです。

平成25年12月

2013年山県市政10大ニュース

第1位合併10周年を記念してさまざまな事業を展開
第2位東海環状自動車道本体工事着工
第3位12歳児の虫歯の少なさ県内市で1位!フッ化物洗口で成果!
第4位宇野新副市長が就任
第5位北部地域の活性化 集落支援員・地域おこし協力隊を新たに設置
第6位保育園英語あそび教室開始
第7位市制初の全消防団員招集
第8位女性防火クラブが総務大臣表彰を受賞
第9位名山めぐり事業開始 認定者も100人を突破!
第10位岐阜県みどりの祭りを開催

合併10周年記念式典
合併10周年記念式典

合併10周年記念式典内での伊自良十六拍子演奏
合併10周年記念式典内での伊自良十六拍子演奏

東海環状自動車道工事着工式での鍬入れ式
東海環状自動車道工事着工式での鍬入れ式

国・県学校歯科保健優良校表彰で8校が表彰
国・県学校歯科保健優良校表彰で8校が表彰

宇野邦朗副市長が就任
宇野邦朗副市長が就任

地域おこし協力隊員に中村大祐さんを委嘱
地域おこし協力隊員に中村大祐さんを委嘱

お問い合わせ

総務課 人事秘書室  電話:0581-22-6821  FAX:0581-27-2075

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。