ホーム > 市政 > 市長の部屋 > メッセージ > 平成30年度 > チームYAMAGATAにおけるプログラミング教育[平成30年4月]

平成30年度

チームYAMAGATAにおけるプログラミング教育[平成30年4月]

2018年04月19日更新

 ICTやAIを使いこなしていく社会の到来に向け、2020年度から本格実施する新学習指導要領で小学校からのプログラミング教育が位置づけられました。山県市も本格実施に対応するため、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」2台をリースし、市内小中学校を巡回利用する予定です。

 これに先駆けて、学校教育課から「チームYAMAGATAにおけるプログラミング教育」の事業説明を受けました。Pepper(ペッパー)は話す、動く、センサー(音、タッチ)、画像表示といった多彩な機能を持った人型ロボットです。Pepper(ペッパー)を動かすためのプログラミング体験をとおして楽しみながら、論理的・創造的思考、問題解決の資質の育みが期待されています。

 Pepper(ペッパー)は小学校4年生以上の児童・生徒を対象として授業に用います。ペッパーが意図した動きをしないとき、「できなかった」で終わるのではなく、自分なりに試行錯誤して「どこが問題だったのかな。次はこういう動きをさせたいな」と工夫できる力をぜひ養ってください。

 なお、4月下旬から各学校を巡回しますので、楽しみにしててくださいね。



Pepper(ペッパー)と交流
Pepper(ペッパー)と交流

プログラミング教育の説明
プログラミング教育の説明

Pepper(ペッパー) 社会貢献プログラム
Pepper(ペッパー) 社会貢献プログラム

お問い合わせ

総務課 人事秘書室  電話:0581-22-6821  FAX:0581-27-2075

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。