ホーム > 市政 > 市長の部屋 > メッセージ > 平成30年度 > 桑の木豆とそば粉で商品開発に挑戦[平成30年12月]

平成30年度

桑の木豆とそば粉で商品開発に挑戦[平成30年12月]

2018年12月17日更新

 12月14日、市役所ふれあいセンター栄養指導室で、一般社団法人岐阜県農業会議主催のもと、農村女性起業化支援研修会と商品開発試作会を実施しました。

 研修会には、修文大学短期大学の木野照代さんを講師に招き、ふれあいバザールの従業員の皆さんなど約10人が参加され、飛騨美濃伝統野菜である「桑の木豆」を使ったパウンドケーキや「そば粉」を使ったビスコッティなど4種類の洋菓子を作りました。今回、参加者は初めて洋菓子の商品開発をするということで、道具の使い方から砂糖やバターを加えるタイミングなどの基本からオーブンの温度調整までを教えてもらい、熱心にメモや写真を撮る姿が見られました。

 木野講師から、「商品開発は失敗を重ねることで、新しいメニューが生まれます。失敗を恐れないで、どんどんチャレンジしてほしい。また、商品開発の過程のエピソードをもとに物語を作ってみてはどうか。キャッチフレーズをつけて売り出すのも面白いです。」とアドバイスをいただきました。

 参加者から、これから改良を重ね商品化を目指すと頼もしい言葉をもらいました。今後、新たな山県市の土産に加わることを楽しみにしています。

修文大学短期大学木野照代先生(左)
修文大学短期大学木野照代先生(左)

商品試食の様子
商品試食の様子

桑の木豆とそば粉を使った洋菓子
桑の木豆とそば粉を使った洋菓子

お問い合わせ

総務課 人事秘書室  電話:0581-22-6821  FAX:0581-27-2075
農林畜産課  電話:0581-22-6830  FAX:0581-22-2118

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。