ホーム > 市政 > 市長の部屋 > メッセージ > 令和元年度 > 市内中学校でSOSの出し方授業を開催[令和元年9月]

令和元年度

市内中学校でSOSの出し方授業を開催[令和元年9月]

2019年09月12日更新

 9月3日から6日、山県市と市内中学校が協力し、市内中学校1年生から2年生を対象とした「SOSの出し方授業」を開催しました。

 同授業は、東京都教育委員会が作成した「SOSの出し方に関する教育」の動画を活用して、現在起きている危機的状況に対し適切な援助希求行動ができるようにすることを目的として実施。授業の冒頭で、「自分がストレスを感じるときどうしますか」「友達が辛いときあなたはどうしますか」という質問を投げかけると、生徒からは自分なりの気分転換の方法や、友達への声かけについて意見交換しました。

 不安や悩み、ストレスを感じるとき、SOSを誰かに聞いてもらうと気持ちが整理され苦しさが解消されることがあります。この「誰か」に身近にいる信頼できる大人が入ることで、適切な支援につなげることができます。授業のまとめに保健師から「信頼できる身近な大人がいないときは、ぜひ専門機関か市役所の保健師を頼ってほしい。保健師は人の生涯に寄り添う仕事をしている。SOSを出すことは恥ずかしいことではないので、どんな悩みでも相談してほしい。」とメッセージを投げかけました。

授業の様子
授業の様子

授業の様子
授業の様子

お問い合わせ

総務課 人事秘書室  電話:0581-22-6821  FAX:0581-27-2075
健康介護課  電話:0581-22-6838  FAX:0581-22-6841
学校教育課  電話:0581-22-6844  FAX:0581-22-6851

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。