ホーム > 市政 > 事業仕分け > 山県市事業仕分けフォローアップ事業 市民報告会

事業仕分け

山県市事業仕分けフォローアップ事業 市民報告会

2016年03月18日更新

3月19日(土) 山県市事業仕分けフォローアップ事業 市民報告会 ~仕分け結果の総括と今後に向けて~

【終了しました】

 本市では、平成24年度から26年度まで3年にわたり「事業仕分け」を実施してきました。
 今年度は、3年間の総括として、対象事業につきまして「事業仕分けフォローアップ事業」を実施しています。
 昨年の7月13日から15日まで、構想日本の協力により各事業担当者からインタビュー調査を実施し、本市の現在の取り組み状況を中間報告として11月に取りまとめていただきました。
 中間報告書によりますと、本市の事業仕分けでの指摘事項への対応状況については、多くの課題を先送りしている状況も散見されます。
 このような状況を踏まえて、3月19日の「フォローアップ事業市民報告会」では、3年間の取り組みを総括し、インタビュー調査結果及び新年度予算での対応を踏まえた、現在の本市の取組状況と課題を市民の皆さまにお示しし、今後の取り組みの方向性について共有するとともに、市政への市民参加のあり方を共に考える契機とすることを目的に開催します。

日時 3月19日(土) 13時30分~16時(予定)

場所 山県市役所3階大会議室

出席者(予定)
【山県市】   市長、副市長、教育長、各課長

【構想日本】  代表 加藤秀樹氏、政策アナリスト 川嶋幸夫氏

シンポジウム進行(予定)

13:30~13:45 1.開会(市長、構想日本代表加藤氏あいさつ)

13:45~14:00 2.経過報告(構想日本 川嶋氏)

14:00~14:30 3.市民との意見交換[前半] (進行 構想日本 川嶋氏)

14:30~15:15 4.基調講演(構想日本代表加藤氏)

15:15~15:50 5.市民との意見交換会[後半](進行 構想日本 川嶋氏)

15:50~16:00 6.閉会(副市長)

事業仕分けとは

 事業仕分けとは、外部の学識経験者などの仕分け人に対して市役所の事業担当課が概要説明とその意義を説明し、質疑などのやり取りを聞いて、市民判定人が、「事業は必要か」、「事業内容を見直すべきでは」、「最適なやり方か」などに仕分けることです。
 事業仕分けの結果は市の最終評価となるものではありません。結果を参考に、各事業の今後のあり方について検証を行い、市の方向性を定めるために活用していく予定です。

目的

 厳しい財政状況のなかで、山県市の財政を健全に維持し、効率的で持続可能な行政サービスを提供していくために行うものです。事業の必要性や実施主体のあり方などについて、公開の場で外部の視点から事業の仕分けを行うことにより、スリムで効率的な行政運営を推進するとともに、事業に対する行政の説明の徹底、行政への市民参画促進および職員のさらなる意識改革を図ることを目的としています。

お問い合わせ

企画財政課  電話:0581-22-6825  FAX:0581-27-2075

このページに対するご意見・ご要望がありましたら、「お問い合わせ」から送信してください。