ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ビジネス支援総合窓口 > 世界気候エネルギー首長誓約 誓約

本文

世界気候エネルギー首長誓約 誓約

記事ID:0030343 更新日:2022年7月8日更新

岐阜県初、世界気候エネルギー首長誓約書に署名しました

 令和4年6月28日、本市が脱炭素社会実現に向けた取組を具体的に実施していく意思表示として、日本事務局である名古屋大学とともに誓約式を開催し、世界気候エネルギー首長誓約(世界首長誓約)に署名しました。
 世界では約11,760自治体が誓約し、日本国内ではこれまでに30の自治体が誓約しています。岐阜県内では山県市が最初の誓約自治体(国内31番目)となりました。

 今後、脱炭素社会実現に向け、具体的な削減目標を策定し、実行性を高める国際的な仕組みを活用して、すべての市民、事業者、団体などと認識を共有しながら、今後進める施策についても実現力、実行力をもって推進していきます。

誓約式(1)
誓約式(2)

世界気候エネルギー首長誓約(世界首長誓約)とは

 エネルギーの地産地消の推進、国の目標以上の温室効果ガス削減、気候変動の影響への適応の3つを取り組むことにより、持続可能で強靱な地域づくりを目指し、首長がその旨を誓約し、そのための行動計画を策定し具体的な取組を積極的に進めていく世界的な仕組みのことです。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)