ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > よくある質問(保険・年金・後期高齢) > 高額介護サービス費の算定誤りについて

本文

高額介護サービス費の算定誤りについて

記事ID:0029685 更新日:2022年6月6日更新

高額介護サービス費の算定誤りについて

1 内容

 介護保険制度では、被保険者が介護保険サービスを利用した際、1カ月に支払った利用者負担額が一定の上限額を超えたときに、超えた部分を市が高額介護サービス費として支給を行っております。この度、公費負担医療の対象者が、訪問看護などのサービスを利用した際の算定方法に誤りがあり、支給が必要な高額介護サービス費に不足があることが判明いたしました。

2 経緯

 令和3年12月23日、厚生労働省から、公費負担医療対象者の高額介護サービス費の算定事務を確認するよう依頼があり、調査を行った結果、厚生労働省から示された算定方法と異なっていることが判明しました。

3 追加支給の概要

  1. 対象数  2世帯 2人
  2. 追加支給総額 38,379円

※上記は、現時点における概算であり、今後の確認作業により変動する可能性があります。

4 今後の対応

  1. 該当する方に対し、お詫びの文書を送付するとともに、システムの改修により正しい算定ができるようになり次第、追加の支給を行います。
  2. 年間で算定する高額医療合算介護サービス費などにも影響が及ぶ可能性があることから、このことについても調査を継続し、追加の支給が必要となる場合は、対象となる方に改めてお知らせいたします。

国民健康保険