ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 伊自良南小学校 > 気象警報発令時の対応

本文

気象警報発令時の対応

記事ID:0004993 更新日:2020年2月26日更新

気象警報発表中の登下校等について

平成31年4月1日
山県市立伊自良南小学校 校長 中村 純子
山県市立伊自良北小学校 校長 岡山 敏明
山県市立伊自良中学校 校長 高橋 広美

 気象警報発表の際の登下校等について下記のとおりとします。各家庭においても、気象情報の把握に努めるとともに、より安全な対応をお願いいたします。

いかなる場合においても、児童生徒の生命と安全の確保を第一に考え、早めに判断すると共に、学校・家庭・地域の連携、伊自良中学校区の小中学間の連携を図って対応します。

1 警報(すべての気象警報のいずれか)の発表時における登下校及び自宅待機について

(1) 児童生徒が登校する前に、警報(すべての気象警報のいずれか)が発表された場合

1 午前6時30分前までに解除された場合は、安全に気を付け、平常通り登校させてください。
・ただし、道路や橋の決壊、家屋や樹木の倒壊等により登校が危険な場合は、登校させないでください。

2 午前6時30分までに解除されなかった場合は、自宅待機とします。
・午前10時までに解除された場合は、2時間後に登校させてください。
・午前10時に警報が継続中であった場合は、学校を休業とするので登校させないでください。

(2) 児童生徒の登校後に警報(すべての気象警報のいずれか)の発表が予想される場合

1 児童生徒の登校後に暴風警報の発表が予測されるなど、今後の気象状況や交通や道路、河川の状況等を判断して、警報発表前に学校を休業する場合があります。
なお、前日及び当日の始業前に、学校の休業を決定した場合には、保護者に連絡します。

(3) 児童生徒が登校してから、警報(すべての気象警報のいずれか)が発表された場合

1 警報が発表されたときは、児童生徒を学校内に待機させます。
2 下校は、原則として警報解除後とします。

・その際は、気象状況や交通や道路、河川の状況、児童生徒の居住地等の安全を確認し、下校できると認めた場合には、授業を打ち切り、速やかに下校させます。
・児童生徒の安全を優先して、警報発令の有無にかかわらず保護者への引き渡しを行う場合があります。学校内の指定した場所にお越しください。保護者への引き渡しができない場合は、学校内で待機させます。
3 自宅への到着確認を行います。

2 注意報等が発表された場合について(各種の「気象注意報」や「竜巻注意情報」「土砂災害警戒情報」が発表された場合)

1 登校時に発表されているときは、安全に気を付けて登校させてください。
・ただし、登校することが危険と思われる場合は、自宅で待機させてください。
2 学校は、気象状況や校区の実情を把握し、安全を考慮して、自宅待機や学校待機、授業打ち切り等の措置をとることがあります。
・「安心ネット」や緊急連絡網などで連絡することがありますのでご留意ください。

3 給食の実施について

1 授業打ち切り等の措置をする際、児童生徒の安全を最優先し、給食について考慮しません。
2 警報解除後に登校するなどして、通常給食の実施が困難な場合は、簡易給食を実施する場合があります。
3 児童生徒を長く学校に待機させ、食事をとらせる必要がある場合には、教育委員会と協議し、市の防災備蓄非常食を支給することがあります。