ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康 > 高齢者のインフルエンザの予防接種を受けるにはどうしたらいいですか

本文

高齢者のインフルエンザの予防接種を受けるにはどうしたらいいですか

記事ID:0001209 更新日:2019年10月16日更新

答え

山県市の高齢者インフルエンザ予防接種の概要は、次のとおりです。

対象者

山県市内にお住まいで、以下に該当し、接種を希望する人

  1. 接種日当日に満65歳以上の人
  2. 接種日当日に60~64歳の人であって、心臓・腎臓・呼吸器の機能の低下により日常生活が極度に制限される程度の障がいを有する人。ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能の低下により日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する人(接種時に、身体障害者手帳または障害者年金の証書など、障がいの程度がわかるものを提示してください)
    上記以外の人は、任意(全額自己負担)の予防接種となります。

実施場所

市指定医療機関および岐阜県広域化予防接種事業協力医療機関

接種期間

毎年10月中旬~翌年1月下旬

接種回数

1回

自己負担金

1,500円
※生活保護世帯は、料金が免除されます。

予診票

市指定医療機関と近隣の医療機関には予診票を設置してあります。それ以外の岐阜県広域化予防接種事業協力医療機関で接種を希望される場合は、健康介護課(成人健康係)まで予診票を取りに来てください。
※生活保護世帯は、料金が免除されますので、事前に福祉課(生活保護担当)まで申し出てください。


休日夜間診療
健診・検診