ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症 > 【延長・第4弾】新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく営業時間短縮の協力要請

本文

【延長・第4弾】新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく営業時間短縮の協力要請

記事ID:0019907 更新日:2021年3月1日更新

【期間延長・第4弾】新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく営業時間短縮の協力要請について

国の緊急事態宣言の延長に伴い、岐阜県も営業時間短縮要請を継続することになりました。

つきましては、市内のすべての飲食店に対し、引き続き営業時間短縮への協力をお願いします。


【第3弾からの変更点】

  • 第4弾の協力金支給にあたっては、「業別ガイドラインおよびコロナ社会を生き抜く行動指針を遵守のうえ、『新型コロナ対策実施店舗向けステッカー<外部リンク>』を取得していること」が追加要件になります。

 

 

協力金の不正受給は犯罪です。

  • 本協力金の支給決定後、申請要件に該当しない事実や不正などが発覚した場合は、支給決定を取り消します。
  • 申請した店舗が申請要件に該当しているか確認するため、現地確認をする場合があります。
  • 軽い気持ちで行ったとしても重大な犯罪です。 (例:詐欺罪の場合は10年以下の懲役)
  • 以下のような虚偽申請は絶対に行わないでください。
    • 20時を超えて客を滞在させて営業をしているにもかかわらず、時短要請に応じたように見せかける。
    • すでに廃業しているにもかかわらず営業実態がある様に見せかける。
    • 通常の営業終了時刻が20時より前であるにもかかわらず、以前から20時を超えて営業していたように見せかける。
    • 飲食店などを運営する事業者でないにもかかわらず、対象事業者を装い申請する。

  ※令和3年3月1日(月曜日)以降、20時を21時に変更

対象地域

   山県市内

対象業種および要請期間

  すべての飲食店   2月8日(月曜日)から3月7日(日曜日)

  • 食品衛生法に基づく「飲食店営業許可」を受けている店舗
  • テイクアウトやデリバリー、イートインスペースがあるスーパーやコンビニエンスストア、キッチンカーなどは対象外

要請内容

【変更前】

  20時以降の休業を要請

  • 営業時間は5時から20時まで
  • お酒の提供は11時から19時まで

  ↓

【変更後】

 (A)令和3年2月8日(月曜日)から令和3年2月28日(日曜日)まで

  20時以降の休業を要請

  • 営業時間は5時から20時まで
  • お酒の提供は11時から19時まで

 (B)令和3年3月1日(月曜日)から令和3年3月7日(日曜日)まで

  21時以降の休業を要請

  • 営業時間は5時から21時まで
  • お酒の提供は11時から20時まで

(詳しくは、岐阜県ホームページ内(営業時間および種類提供時間短縮要請<外部リンク>)をご覧ください)

協力金(支給金額)

【変更前】

 1店舗につき  168万円

  • 2月8日(月曜日)から3月7日(日曜日)   6万円/日

  ↓

【変更後】

 (A)1店舗につき  126万円

  • 2月8日(月曜日)から2月28日(日曜日)   6万円/日

 (B)1店舗につき   28万円

  • 3月1日(月曜日)から3月7日(日曜日)   4万円/日

 ※ 要請を行うA,B全期間、営業時間の短縮を実施した店舗が対象です。
   2月28日(日曜日)までの対象店舗については、A期間の営業時間短縮を実施した店舗が対象です。

 ※ 申請書は、3月中旬頃、受付開始の予定です。
 
※ 協力金制度の申請方法など詳しくは、
    岐阜県の「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第4弾)<外部リンク>」をご覧ください。

問い合わせ

要請および協力金についての問い合わせは、次のコールセンターへお願いします。

要請・協力金コールセンター
058-272-8192 (9時~17時)

市民のみなさまへ
事業者のみなさまへ
イベントなどの延期中止と施設などの休館情報
患者の発生状況
子育て中のみなさまへ
その他