ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症 > 【第5弾】新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく営業時間短縮の協力要請

本文

【第5弾】新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく営業時間短縮の協力要請

記事ID:0022846 更新日:2021年5月16日更新

【第5弾】新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく営業時間短縮の協力要請について

まん延防止等重点措置の区域追加に伴い、山県市内の飲食店などに対する営業時間短縮を要請することになりました。

つきましては、市内のすべての飲食店に対して営業時間短縮への協力をお願いします。



 

 

協力金の不正受給は犯罪です。

  • 本協力金の支給決定後、申請要件に該当しない事実や不正などが発覚した場合は、支給決定を取り消します。
  • 申請した店舗が申請要件に該当しているか確認するため、現地確認をする場合があります。
  • 軽い気持ちで行ったとしても重大な犯罪です。 (例:詐欺罪の場合は10年以下の懲役)
  • 次のような虚偽申請は絶対に行わないでください。
    • 20時を超えて客を滞在させて営業をしているにもかかわらず、時短要請に応じたように見せかける。
    • すでに廃業しているにもかかわらず営業実態があるように見せかける。
    • 通常の営業終了時刻が20時より前であるにもかかわらず、以前から20時を超えて営業していたように見せかける。
    • 飲食店などを運営する事業者でないにもかかわらず、対象事業者を装い申請する。

対象地域

   山県市内

対象業種および要請期間

 すべての飲食店

 ※ 飲食店(居酒屋を含む)、喫茶店 など(宅配、テイクアウトサービスを除く)

 遊興施設など

 ※ バー、カラオケボックスなどで、食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗

     (ネットカフェ・マンガ喫茶を除く)

 

 5月16日(日曜日)から5月31日(月曜日)

  • 食品衛生法に基づく「飲食店営業許可」を受けている店舗
  • テイクアウトやデリバリー、イートインスペースがあるスーパーやコンビニエンスストア、キッチンカーなどは対象外

 ※ 令和3年5月18日までに要請に応じていただいた場合も支給対象とします。

要請内容

20時以降の休業を要請

  • 営業時間は5時から20時まで (ただし、酒類の提供は終日行わないこと)
  • カラオケ設備の利用自粛

(詳しくは、岐阜県ホームページ内(営業時間短縮の協力要請等に伴う協力金<外部リンク>)をご覧ください)

協力金(支給金額)

2

 ※日数や1日当たりの金額は変更になる可能性があるため参考として取り扱ってください。

中小企業(前年度または前々年度の1日当たりの平均売上高に応じて1日当たりの時短協力金単価を決定)

 ※(例)要請月(4月と5月)の1日当たりの平均売上高(消費税および地方税を除く)が考えられます。

  • 前年度または前々年度の1日当たりの平均売上高7万5千円以下の店舗:3万円/日
  • 前年度または前々年度の1日当たりの平均売上高7万5千円超~25万円の店舗:3万円/日~10万円/日 <(前年度若しくは前々年度の1日当たりの平均売上高)×0.4>
  • 前年度または前々年度の1日当たりの平均売上高25万円以上の店舗:10万円/日

  • 申請書は、6月初旬頃、申請受付予定です。
  • 協力金制度の申請方法など詳しくは、岐阜県の「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第5弾)<外部リンク>」をご覧ください。

問い合わせ

要請および協力金についての問い合わせは、次のコールセンターへお願いします。

要請・協力金コールセンター
058-272-8192 (9時~17時)

市民のみなさまへ
事業者のみなさまへ
イベントなどの延期中止と施設などの休館情報
患者の発生状況
子育て中のみなさまへ
その他