ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 美山中学校 > 校長の独り言20200615

本文

校長の独り言20200615

記事ID:0015607 更新日:2020年6月15日更新

 今日からやっとかめの一斉登校。これが通常だったとは言え,朝の登校が賑やかで,少しわくわくしました。ただ,生徒同士の距離が一気に近くなっているようなので,気をつけさせなければいけませんが。

 分散登校中から,新規生徒会役員の活躍が見られていました。登校時の挨拶や消毒の呼びかけと支援です。

あいさつと消毒よびかけ・午前の部あいさつと消毒よびかけ・午後の部

 なんて頼もしい生徒たちなんだろうと嬉しくなりました。もちろん,今日の一斉登校でも活動してくれていました。感染予防のために,大声が出せない分,両手を振って笑顔で明るく迎える姿もほほえましい限りでした。

 もう一つ,やっとかめの給食再開です。感染拡大予防のため全校生徒がランチルームで向かい合わないように座るには,スペースや座席が足りなく,“勘考”した結果,3年生だけ教室で食べることに。学習室で給食当番が衛生面に気をつけながら準備をし,準備が出来たら,一人ずつがお盆をもってセルフでとっていきます。初めての試みに多少戸惑うこともありましたが,さすが3年生。お互いに気をつけながら,静かに食事ができました。1,2年生もランチルームで静かに食事が出来ました。

 配膳読書も静かに出来ていました。読書指導員の大野先生に,あらかじめ生徒が予約した本を準備しておいていただき,それを各クラスごとに運べるようになっていました。もちろん,本は消毒します。

3年配膳3年喫食配膳読書ランチルーム

 私は岐阜市での勤務が長く,ランチルームでの給食は初めてでした。通常より1品少ないメニューでしたが,わかめご飯は絶妙な塩加減で,豚汁はだしがきいていて,本当においしい給食でした。長かった弁当の日々から一転して,給食のありがたさが身にしみます。