ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 美山中学校 > 校長の独り言20201203

本文

校長の独り言20201203

記事ID:0018711 更新日:2020年12月3日更新

12月1日(火曜日) 美山オリンピック

 後期生徒会行事として,この日,美山オリンピックが開催されました。コロナ禍の中でも仲間を大切にしあえる楽しい行事をしたいという生徒会執行部の思いが,この日に実現しました。体育大会の代替行事である「はなれな祭」の競技種目でもあった円陣バレー。その時は学級対抗でしたが,今回は縦割りの異学年合同チームで行いました。しかも,事前の取り組みはなく,この時間に集まって,その場で練習開始!最初は堅い動きだったチームが,3年生の声かけによって次第に緩み始め,積極的な動きもできるようになりました。子どもたちの柔軟さには感心します。中にはバレーの得意な2年生の子が率先してムードメーカーになっている場面もありました。師走になりましたが,快晴の中でコロナのゆううつさをいっとき晴らすような時間でした。バレーや運動の苦手な子もいたと思いますが,少しでもボールをとりやすいように考えてくれる先輩や仲間の思いやりを感じてくれたのならよかったのですが・・・。競技終了後には,ともに楽しんでがんばったチームで振り返りもしました。学年を越えたつながりはコロナ禍で最小限におさえられているのですが,この日は楽しく支え合う行事でつながりを感じさせるという,とてもいい企画を実現してくれました。

しきいちにさんよんごろくひょうしょうはんせい