ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 桜尾小学校 > 全国健康づくり推進学校としての取組

本文

全国健康づくり推進学校としての取組

記事ID:0018560 更新日:2020年11月25日更新

生涯を通して、よりよく健康を保持増進するためには、幼少年期からの生活習慣や環境などの健康的な生活行動が大きく影響することから、学校における健康教育、健康管理が重要です。

このことから、日本学校保健会は、学校と家庭、地域社会と連携を図り積極的に健康づくりを推進し、成果を挙げている学校を表彰する「全国健康づくり推進学校表彰事業」を行っています。その審査対象校として桜尾小学校が選ばれ、11月20日、実践発表を行いました。

桜尾小学校では、平成16年度から山県市にフッ化物洗口が導入さたことを機に、行政、学校歯科医、保護者、地域関係機関等と連携を図りながら「歯と口腔の健康づくり」に力を入れて取り組んできています。「歯の学校」としてだけでなく「健康づくりの学校」として高まっていくことを誉に思います。

桜尾の皆様の健康づくりへの取組がますます盛んになることを願い、学校の取組をさらに積極的に行いたいです。

ヘルスプロモーティングスクール
実践発表