ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > やまなび > 新生児聴覚検査費用の一部助成

本文

新生児聴覚検査費用の一部助成

記事ID:0001508 更新日:2019年10月16日更新

山県市では、出生後に耳の聞こえを調べる「新生児聴覚検査」の費用の一部助成をしています。
 新生児聴覚検査は、生後2日目頃に入院中または外来で行われる検査です。任意の検査になりますので費用は実費となりますが、対象者の人は検査費用の一部助成が受けられます。

  • 対象者 山県市に住所があり、平成23年4月1日以降にお生まれになったお子さん
  • 検査方法 自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)
  • 助成額 上限3,700円
  • 窓口 山県市保健福祉ふれあいセンター1階子育て支援課

申請までのながれ

  1. 生後2日目頃に聴覚検査を受け、検査結果の説明を医師より聞き「新生児聴覚スクリーニング検査結果票」を受け取ってください。
  2. 検査費用を全額お支払いいただき、領収書を受け取ってください。(検査費用は産科によって異なります。)
  3. 検査実施後、下記の必要な持ち物をご持参の上、ふれあいセンター1階子育て支援課窓口までお越しください。
    (注)手続きの期限は、検査実施日から6カ月以内です。
    持ち物
    • 申請書/子育て支援課においてありますので窓口でご記入ください。
    • 新生児聴覚スクリーニング検査結果票
    • 新生児聴覚検査費用の記載された領収書
    • 母子健康手帳
    • 印鑑(シャチハタ以外)
    • 振込先(申請者本人の名義)のわかるものゆうちょ銀行以外
    (注1)申請者は父または母となり、申請者=振込名義人となります。
    (注2)必要な書類(領収書や結果票)がない場合は、助成できませんのでご了承ください。
  4. 口座振込によって助成金を振り込みます。

注意

  • 助成対象となる検査法かどうかについては、検査を受けられる産院でご確認ください。
  • 以下のような人は、子育て支援課までお問い合わせください。
    1. 対象とならない検査方法の産科で出産する人
    2. 検査ができない産科で出産する人
    3. 産院や県外の産科にて出産する人