ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > やまなび > 山県市の北部地域に移住を希望する人を応援します!

本文

山県市の北部地域に移住を希望する人を応援します!

記事ID:0001561 更新日:2019年10月16日更新

ぎふ山県市田舎暮らし空家活用支援事業補助金のご案内

空家の有効活用を促し、定住促進による地域の活性化を図ることを目的に「ぎふ山県市田舎暮らし空家活用支援事業補助金」を創設しました。
これは、市の北部対象地区に所在する空家の取得や賃貸、修繕を行い移住・定住する人に対してその経費の一部を補助するものです。
なお、この制度は、空家活用支援事業における予算の範囲内で補助を行います。

補助対象地区・補助対象者

対象地域

山県市の北部地区(字名:片原、神崎、円原、葛原、谷合、佐野、徳永、笹賀、田栗、日永、出戸、船越、相戸、柿野、富永、青波、長滝、平井)に所在する空家を生活の本拠地として活用する場合

対象者

対象地区の空家を購入または賃借し、継続して3年以上居住する意思のある人

※自治会への加入が必要で、単身者は補助対象となりません。

補助金の種類・金額

移住促進空家等取得費補助金

限度額50万円
:対象地区の空家および空家に付随する土地の購入費の2分の1以内の額

移住促進空家等賃借料補助金

限度額月額1万円、最長1年
:対象地区の空家、空家の敷地および空家に付随する駐車場などの賃借料の月額合算額の2分の1以内の額

移住促進空家改修費補助金

限度額100万円
:対象地区の空家を購入または賃借し、定住後1年以内または定住前3カ月以内に生活するために必要な修繕および機能維持を図るため改修した場合、その費用の2分の1以内の額(同一箇所1回限り)

※空家の修繕、改修後の申請はできませんので、必ず着工前に申請してください。
※市内にある事業者による改修に限ります。自己による改修を行う場合は、材料費についてのみ補助対象になります。
※市有線テレビ放送施設加入負担金および上水道加入分担金も補助対象になります。
※空家取得の場合は、50平方メートル以上、かつ取得費および改修費の合計額が50万円以上のものに限る。
※空家バンクの登録がない物件の補助率は4分の1になります。

制度案内チラシ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)