ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > やまなび > 高校生医療費を助成

本文

高校生医療費を助成

記事ID:0004967 更新日:2020年6月24日更新

高校生医療費を助成

 山県市では、「山県まちづくり振興券交付事業」として高校生の保護者に山県まちづくり振興券(千円単位)で福祉医療費を助成しています。助成を希望する場合、保護者の申請が必要になりますので、申請期間まで領収書を保管のうえ、期間内に窓口にお越しください。

申請者

助成対象期間に学生証を有する高校生などの保護者

(注意)

  • 助成対象期間に山県市内に住所を有していた保護者が対象です。
  • 市税などの滞納がある場合は支給できません。

助成対象の医療費

高校在学期間のお子さんの各医療費の自己負担分

  • 入院、外来
  • 調剤
  • 補装具
  • 接骨院など(保険対象分に限る)

 (注意)

  • 文書料、予防接種、食事代、差額ベット代などは除きます。
  • 確定申告での「医療費控除」との併用はできません。
  • スポーツ振興センターや高額療養費給付などで補てんを受けた部分は助成対象外です。
  • 助成対象の医療費の合計金額が、千円未満の場合は、助成対象外です(支給単位千円)。

年齢別助成内容一覧

助成対象の保護者が対象期間に支払ったお子さんの保険対象医療費相当分を助成します。

年齢別助成内容一覧表
令和2年度

生年月日

領収書の助成対象期間

高校1年生 平成16年4月2日生 ~ 平成17年4月1日生 令和2年4月1日 ~ 令和2年12月31日
※高校入学からのもの
高校2年生 平成15年4月2日生 ~ 平成16年4月1日生 令和2年1月1日 ~ 令和2年12月31日
高校3年生 平成14年4月2日生 ~ 平成15年4月1日生 令和2年1月1日 ~ 令和2年12月31日
卒業生 平成13年4月2日生 ~ 平成14年4月1日生 令和2年1月1日 ~ 令和2年3月31日
※高校卒業までのもの
  • 令和元年中(平成31年1月1日~令和元年12月31日)の助成対象領収書も受け付けます。

申請窓口

山県市役所1階 市民環境課 2番窓口

申請受付期間

令和3年1月4日(月曜)~2月15日(月曜) の土曜・日曜・祝日を除く8時30分~17時15分

  • 休日窓口 令和3年1月10日(日曜)、2月14日(日曜) 9時~正午
  • 夜間窓口 令和3年1月25日(月曜) 21時まで

(注意)申請期間経過後は、受け付けできないため、必ず2月15日(月曜)までに申請してください。

申請に必要な持ち物

持ち物一覧
1 支給申請書(原本)
2 医療費明細書(原本)
3 領収書(原本)

領収書の助成対象期間は「年齢別助成内容一覧表」で確認してください。

(注意)

  • 原則、領収書は返却しません。
  • 領収書を紛失した場合は、医療機関発行の証明書(受診者名、診療日、診療点数、本人負担金額のわかるもの)でも可。ただし、証明手数料が必要な場合があります。
  • 高額療養費などの給付がある場合は、健康保険などへ事前に請求してください。
  • 学校でのケガなどでスポーツ振興センターの補てんを受けた医療費は対象外です。
4 印鑑(認め印) スタンプ式不可
5 高校などの学生証

令和2年3月に卒業した人は高校3年生のときの学生証
(紛失等した人は在学、在籍証明書、卒業証書でも可)

6 健康保険証 対象となるお子さんの健康保険証
7 支給決定通知書 高額療養費・補装具製作などで健康組合などから補てんがあった場合のみ
  • 1~3は「原本」、5~7は「コピー」の提出でも可。(原本持参の場合、申請窓口にてコピーします)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)