ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 伊自良南小学校 > 9月8日は「ハヤシの日」

本文

9月8日は「ハヤシの日」

記事ID:0017240 更新日:2020年9月8日更新

 なぜ9月8日は「ハヤシの日」なのか?それは,「ハヤシライス」の生みの親と言われる,丸善創業者の「早矢仕有的」の誕生日だからです。「早矢仕有的」は,1837年美濃国武儀郡(現在の山県市)に生まれました。彼は,日本を訪れていた多くの外国人と親交があり,西洋料理にも馴染みがありました。友人が訪れた時,ありあわせの肉や野菜を煮たものに,ご飯を添えて振舞ったのが「ハヤシライス」の始まりだと言われています。山県市の3つの中学校には,合わせて750食分の「山県ハヤシライス」が贈られました。また,小学校では,学校給食提供推進事業で,岐阜県より無償で提供された飛騨牛の肉が入っています。もちろん,ブラウンルーは,調理員さんの手作りで小麦粉から作られました。このハヤシライスが提供されるまでには,本当にいろいろな方々の様々な思いが詰まっていることを実感しました。家庭での食事も同じですね。感謝の気持ちを忘れないでいただきましょう。

ハヤシライス新聞記事 ハヤシライス