ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 伊自良南小学校 > 5年生 音楽「いろいろな音色を感じ取ろう」

本文

5年生 音楽「いろいろな音色を感じ取ろう」

記事ID:0017265 更新日:2020年9月9日更新

 今日は,山県市教育委員会訪問があり,全学級5分程度参観して頂きました。5年生は音楽の「鑑賞」の授業でした。5年生はこれまでに,次のような楽器の音色を味うことを経験しています。2年:打楽器,3年:金管楽器,4年:木管楽器,5年:弦楽器。そして,この授業の「祝典序曲」はオーケストラとして最初に出会う曲です。曲全体を聴いた時に抱いた最初の印象である「元気な感じがする」「明るい感じがする」という見方や考え方,感じ方が,さらに深められるようにすることがねらいです。そのためには,音楽全体がどのように構成されているのか,それぞれの部分で,どんな楽器が登場し,どんな雰囲気なのか,またどのように変化しているのかを聴き深めていきます。「この音色は,聞いたことがあるけれど何という楽器だったかな?」「ここの部分は,最初に出てきたメロディとよく似ているけれど,違った感じがする…なぜなんだろう?」と,様々な疑問を解決していきます。デジタル教科書の素晴らしさは,聴きたい部分を,すぐに聴けること,また,聴きたい楽器の音色や奏者が演奏する様子まで,詳細に視聴できることです。タブレットを複数台活用し聴くことで,楽器の音色を聴き分ける力が確実に身に付いていました。コロナ禍のもとでは,音楽を直接聴く機会を設けることも難しいですが,音楽は心を豊かにしてくれる存在でもあります。この学びが,オーケストラに興味をもつきっかけとなってくれると信じています。

タブレット1 タブレット2 タブレット3 鑑賞授業