ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 伊自良南小学校 > 東日本大震災を学ぶ~オンライン語り部Live~

本文

東日本大震災を学ぶ~オンライン語り部Live~

記事ID:0019693 更新日:2021年1月27日更新

 東日本大震災から間もなく10年を迎えます。今日は,日本赤十字社宮城県支部のご協力で,震災当時は6年生であった志野ほのかさん(現在大学4年生)のお話をLive配信で5年生,6年生が聞きました。志野さんは,震災時は小学校6年生。地震後,体育館に避難しましたが,そこも津波に襲われ何とかギャラリーに登り助かりました。しかし自分の帰りを待っていた祖父は,津波で亡くなられました。高校生から語り部を開始し,家族との事前の話合いの大切さを伝える活動を行っています。

 今日,話を聞いた5年生や6年生は,東日本大震災の時には,わずか1歳~2歳であり,この大震災がどれほどの被害を与え,今なお解決を見ない事柄が数多くあることを想像することは難しいです。でも,だからこそ語り継いでいかねばならないのだと思います。近い将来必ず起きるとされている南海トラフ地震に備えるためにも,今日,学んだことは,(1)想定外のことも想定し,避難行動をとること (2)災害時の行動について予め家族と十分に話し合っておくこと (3)災害は,一瞬にして当たり前の日常を壊すもの…今生きている当たり前の毎日を大切にすること ぜひ,ご家庭でも話題にしてみて下さい。災害を自分事としてとらえることが,もしもの時に命を守ることにつながります。

導入 5年会場 6年会場 オンライン語り部