ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > まちづくり・企業支援課 > 株式会社水生活製作所と山県市による企業立地に関する協定締結式[平成30年12月]

本文

株式会社水生活製作所と山県市による企業立地に関する協定締結式[平成30年12月]

記事ID:0001717 更新日:2020年2月26日更新

 市は、12月21日に、企業立地に関する相互協力と円滑な推進を図る目的で、株式会社水生活製作所と協定を締結しました。

 2019年度に予定されている(仮称)高富インターチェンジの開通を見据え、市では、積極的に企業誘致を進めています。
 この度、株式会社水生活製作所が市東深瀬(字針崎)地内に工場兼倉庫を移設・集約することになったため、県の立ち合いのもと、協定締結式を行いました。

 同社は、給水栓、浄水器、ガーデニング商材など水回り品の開発、製造、販売を行う会社で、新工場では、本社(東深瀬)と美山工場(佐野)に分かれている組立・検査工程および物流倉庫機能を移設・集約する予定です。

 なお、本市の企業立地に関する協定は、先月の株式会社岐阜多田精機との協定に続いて、3例目となります。

協定内容

  • 工場立地の協力
  • 工場建設および操業時の地域住民への配慮
  • 地元住民の雇用の配慮
  • 雇用確保などへの協力
  • 各種法令などの順守

協定書への署名の様子の画像
協定書への署名の様子

締結式の様子の画像
締結式の様子

株式会社水生活製作所の概要

本社 岐阜市東深瀬94番地2
事業内容 給水栓、菅継手、浄水器類、節水器、ガーデニング商材の水回り品の開発、製造、販売
資本金 7,800万円
売上高 18億円(平成30年7月期)
従業員数 158人(平成30年7月末)

投資計画の概要

進出場所 山県市東深瀬字針崎地内
面積 約6,300平方メートル(第1期工事約4,000平方メートル、第2期工事約2,300平方メートル)
投資総額 約5億円(建物および設備など含む)
建物着工 平成31(2019)年9月予定(第1期)、平成34(2022)年3月予定(第2期)
完成・操業 平成32(2020)年7月予定(第1期)

用途 工場兼倉庫

事業内容 給水栓、浄水器類、水回り品の組立・検査、物流倉庫