ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農林畜産課 > 県内最大級規模の体験農園「みとか」が市内保育園に地域貢献

本文

県内最大級規模の体験農園「みとか」が市内保育園に地域貢献

記事ID:0023128 更新日:2021年6月1日更新

「みとか」が地域への感謝を込めていちごを市内保育園児へ

 地域貢献としてアトレファームジャパン株式会社(代表取締役 宮之上昭彦)が運営する体験農園「みとか」が、地域への感謝を込めて市内保育園児にいちごを贈りました。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、直接園児たちがいちごを摘みに行くことはかないませんでしたが、保育園長などがいちごを摘み各保育園へ届けました。
 園児たちは、とてもいちごを楽しみにしており、摘んでくださった先生方に、「摘んできてくれてありがとう」といった言葉がありました。

 体験農園「みとか」は、当市の休耕田を活用した民設民営の農園であり、新たな活性化が期待される拠点施設です。令和元年12 月に官民連携協定を締結し、令和3年2月14日にグランドオープンした岐阜県内最大級の農園です。
先生いちご摘
先生いちご摘み
保育園児