ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > よくある質問(保険・年金・後期高齢) > 年金手帳を紛失したときは、どうしたらよいですか

本文

年金手帳を紛失したときは、どうしたらよいですか

記事ID:0001271 更新日:2022年4月1日更新

答え

 これまでは国民年金第1号被保険者が年金手帳を紛失・破損した場合は市役所で再交付の申請ができましたが、令和4年4月からは年金手帳に代わって、基礎年金番号通知書の交付します。
 ただし、申請から自宅に郵送されるまでに1カ月程度かかるため、早急に必要な場合は年金事務所で直接申請してください。手続きには本人確認できるもの(マイナンバーカードや運転免許証など)が必要です。また、代理人が申請する場合は委任状も必要です。
 厚生年金被保険者やその扶養されている配偶者の基礎年金番号通知書の再交付については、年金事務所へ問い合わせてください。
・岐阜北年金事務所 058-294-6364(代表)
 音声案内が流れます。2番を選択後、改めて2番を選択してください。

委任状 [PDFファイル/151KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)


国民健康保険