ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > よくある質問(保険・年金・後期高齢) > 国民年金(老齢基礎年金)は65歳より遅くもらうと年金額が高くなりますか

本文

国民年金(老齢基礎年金)は65歳より遅くもらうと年金額が高くなりますか

記事ID:0003760 更新日:2019年10月16日更新

答え

国民年金(老齢基礎年金)は原則として65歳から受けることができますが本人が希望すれば、66歳から70歳までの希望するときから年金を受けることもできます。(繰下げ請求)
この場合、受ける年金額が65歳から受ける年金額に比べ増額されます。
繰下げ受給の請求をした時点(月単位)に応じて、最大で42%増額された老齢基礎年金を生涯にわたって受けることができます。増額率は65歳になった月から繰下げの申し出をおこなった月の前月までの月数に応じて1カ月増すごとに0.7%ずつ高くなります。


国民健康保険