ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > よくある質問(住民票・戸籍) > 戸籍とは何ですか

本文

戸籍とは何ですか

記事ID:0001388 更新日:2019年10月16日更新

答え

戸籍とは

日本人が出生してから死亡するまでの身分関係(出生、結婚、死亡、親族関係など)について、登録証明するためのものであり、原則として1組の夫婦およびその夫婦と同じ氏の未婚の子を単位として作られています。
戸籍は戸籍法に基づく届出により記録され、本籍地の市区町村役場に保管されていますので、戸籍謄抄本が必要な場合は、本籍地の市区町村役場に請求してください。

本籍と筆頭者

戸籍は「本籍」と「筆頭者氏名」で表示されます。
「本籍」とは戸籍の所在場所のことで、本籍と住所は一致している場合もありますが、別のものです。
「筆頭者」とは戸籍の一番最初に記載されている人のことで、死亡しても変わりません。婚姻の際に夫の氏を名乗ることとした場合は夫が、妻の氏を名乗ることとした場合は妻が筆頭者となります。

証明書の種類

  • 戸籍全部事項証明(戸籍謄本):戸籍に記録されている全員について証明したもの
  • 戸籍個人事項証明(戸籍抄本):戸籍に記録されている一部の人について証明したもの

手数料

戸籍全部事項証明(戸籍謄本)、戸籍個人事項証明(戸籍抄本)とも 1通450円


印鑑登録
住民基本台帳
パスポート