ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > よくある質問(住民票・戸籍) > 戸籍の附票とは何ですか

本文

戸籍の附票とは何ですか

記事ID:0001389 更新日:2019年10月16日更新

答え

「戸籍の附票」とは、本籍地の市区町村で戸籍と一緒に保管している書類で、その戸籍が作られてから(またはその戸籍に入籍してから)現在まで(またはその戸籍から除籍されるまで)の住所の履歴が記録されています。
全員除籍になると附票は除附票になりますが、除附票になってから5年間を経過したものは、保存期間が終了しているため、交付できません。

証明書の種類

  • 全員の写し:同じ戸籍に属する人全員について証明したもの
  • 一部の写し:同じ戸籍に属する人のうち、一部の人についてのみ証明したもの

手数料

1通 300円

注意事項

  • 戸籍の附票を請求する際は、本籍の表示(○番地○○)と筆頭者氏名を事前に確認しておいてください。
  • 証明を必要とする住所が現在の戸籍の附票に載っていない場合には、それ以前の戸籍の附票も併せて必要になる場合があります。

印鑑登録
住民基本台帳
パスポート