ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 伊自良南小学校 > 1年生 国語「おはなしをたのしもう ‐やくそく‐」

本文

1年生 国語「おはなしをたのしもう ‐やくそく‐」

記事ID:0017295 更新日:2020年9月10日更新

 「やくそく」のお話では,三匹のあおむしが登場します。毎時間,場面ごとに,登場人物の行動や場面の様子など,大体を捉えていきます。そうすると,登場人物になり切って読んだり,時には,教科書には書かれていない気持ちや場面の様子なども話したりしてお話を楽しんだり,想像を広げたりしながら読むことができるようになります。このお話は,三匹のあおむしが「からだが ちょうにかわったら あそこまで とんでみたいな」「それなら,みんなで いこう」と,やくそくをするところで終わっています。さて,その続きは,どんなお話になるのでしょうか?担任が描いた,続きの場面の絵を見ながら考えました。場面の絵に,どんどん書き込みをして,前に出てお話をしました。1年生の国語は書写も含めて,年間306時間,1週間に8時間~9時間程度あります。家での音読練習でも,家族で役割読みをしたり,続きのお話を作ってみたり,みんなでお話を楽しんでみて下さい。

やくそく1 やくそく2 やくそく3