ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 伊自良南小学校 > 2年生 音楽「山のポルカ」

本文

2年生 音楽「山のポルカ」

記事ID:0018079 更新日:2020年10月26日更新

 「山のポルカ」は2拍子の曲です。教科書をみると,チェコ民謡とあり,素敵な民族衣装を着た男女のペアが楽し気に踊っている挿絵も紹介されています。この曲の学習で,新しく学ぶのは,八分音符と八分休符です。教科書には,実際に書く活動ができるようにも構成されています。四分音符を「タン」の言葉で音の長さを表していましたので,八分音符は,その半分の長さとなり,「タ」と表されます。1拍の長さに,2つ分の拍があるわけです。この内容を全員が学びます。その後,3人トリオをつくり,鍵盤ハーモニカ,カスタネット,タンバリンを交代しながら合奏しました。2年生では,国語「お手紙」の単元でも,3人トリオで音読発表会を行いました。学校ではこのように小さな集団での活動もあれば,全員で行う場合もあり,様々な形態での学習活動を場面に合わせて行っています。音楽に合わせ笑顔で歌ったり,自然に体が揺れたり,いつも音楽を楽しんでいる2年生です。

山のポルカ1 山のポルカ2