ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 梅原小学校 > 校長より

本文

校長より

記事ID:0004924 更新日:2020年2月26日更新

豊かな心で たくましく生きる 梅原の子

校長 小嶋 隆弘

 本校は、明治5年(1872年)11月に、国定寺を仮校舎として開校いたしました。当時の児童数はおよそ70名との記録が残っています。その後、校地が現在地に移り、昭和47年に創立100周年、令和4年には創立150周年を迎える歴史と伝統ある学校です。
 平成に入ってからの本校の教育目標は、「ひろい心をもち 力いっぱいやりぬく 梅原の子」、「豊かな心をもち 力いっぱいやりぬく 梅原の子」を経て、現在の「豊かな心で たくましく生きる 梅原の子」に至っています。一貫しているのは「梅原の子」が常に位置づけられていることです。本校の教育活動が、長きにわたり、保護者のみなさまをはじめとする多くの地域のみなさまとの強いつながりの中で支えられ、学校と地域の願いを共有して営まれてきたことの一つの証であると思います。
 子どもたちは、これまで以上に、多様な価値観をもつ人々が共存する社会の中で、自分の可能性を信じて未来を拓き、生き抜いていかなければなりません。その支えとなるのは、この梅原の地でこそ培われる、自己有用感に裏付けられた、梅原の子としての「自信」です。今年度も、みなさまの力をお借りしながら、様々な活動の中で子どもたちに「目標」をもたせ、「努力」を支援し、「できる自分」「できるようになった自分」を「発見」させる営みを大切にし、ひとりひとりの心に梅原の子としての「自信」を育んで参ります。一層のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。