ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 地域見守りネットワーク事業

本文

地域見守りネットワーク事業

記事ID:0001469 更新日:2020年3月23日更新

地域見守りネットワーク事業を開始

34の団体・事業者と協定を締結

 子どもから高齢者までのすべての市民が地域社会から孤立することなく、いつまでも住み慣れた地域で安心て暮らし続けられるよう、日常的に家庭を訪問する新聞販売店、金融機関、運送業者などの事業者と見守りに関する協定を締結し、地域見守りネットワーク事業を行っています。

 新聞や郵便物が数日たまっている、何日も洗濯物が干したままになっているなど、「ちょっと気になるな」と思ったら、協力事業者は市へ連絡し、市は安否確認などを行います。

地域見守りネットワーク事業協力事業者

 見守りネットワーク事業協力事業者の店舗や事務所には、山県市地域福祉推進キャラクター「つなぎとあわせ」のフラッグが掲げられています。また、配達車両などには、マグネットシートやステッカーがはり付けられています。

「つなぎとあわせ」フラッグの画像
「つなぎとあわせ」フラッグ

「つなぎとあわせ」マグネットシートの画像
「つなぎとあわせ」マグネットシート

 随時、見守り活動にご協力いただける事業者を募集していますので、詳しくは福祉課へ問い合わせてください。

見守りネットワーク協力事業所一覧(令和2年1月16日現在) [PDFファイル/41KB]
見守りネットワーク協力事業所一覧(令和2年1月16日現在) [Excelファイル/11KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)