ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 福祉を担う人づくり推進助成事業

本文

福祉を担う人づくり推進助成事業

記事ID:0001470 更新日:2020年3月30日更新

 新規に福祉の資格を取得した人に、資格取得にかかった費用の一部に対して助成金を山県まちづくり振興券で支給します。

助成対象資格

  1. 介護職員初任者研修
  2. 福祉用具専門相談員
  3. 介護支援専門員
  4. 手話通訳士
  5. 重度訪問介護従業者研修
  6. 相談支援従業者初任者研修
  7. 行動援護従業者養成研修
  8. 社会福祉士
  9. 介護福祉士
  10. 精神保健福祉士
  11. 保育士
  12. 管理栄養士
  13. 看護師・准看護師
  14. 理学療法士
  15. 作業療法士
  16. 言語聴覚士
  17. 視能訓練士
  18. 義肢装具士
  19. 臨床心理士

支給対象者

新規に資格を取得した人で、次の要件をすべて満たすことが条件です。

  • 助成金の交付申請時に市内に住所を有し、事業所に従事している人または市内の事業所に従事している人で継続して勤務する意思のある人。
  • 資格の取得日(研修の終了日)が申請日前1年の期間内であること。
  • 国・都道府県などの公的機関および就業する事業所などから資格取得費用に対する助成を受けていない人。

助成金対象経費

上記資格取得にあたり、都道府県または都道府県が指定した法人などが実施する研修課程受講料・実務研修受講料(テキスト代含む)および試験受験手数料とこの対象者がこの研修の実施機関に直接支払った額が対象となります。
 ただし、上記対象資格のうち(8)~(19)に関しては、試験受験手数料として、この対象者がこの試験の実施機関に直接支払った額のみ対象とする。

助成金額

助成金対象経費相当額(ただし、限度額5万円、千円未満は切り捨て)
 山県まちづくり振興券で支給

申請方法

助成金の支給申請書に次の書類を添えて提出してください。

  1. 山県市福祉を担う人づくり推進助成事業就業証明書
    手話通訳士のみ山県市福祉を担う人づくり推進事業手話通訳士資格取得者に関する意思確認
  2. 助成金対象経費に係る領収書の写し
  3. 研修の修了証明書、資格の取得を証明する書類の写し
  4. その他、市長が必要と認める書類
    申請書は先着順に受け付け、予算の範囲内で助成金を支給します。

関連ページ

山県まちづくり振興券事業

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)