ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境課 > 国民健康保険加入者が交通事故にあった場合の手続き

本文

国民健康保険加入者が交通事故にあった場合の手続き

記事ID:0013798 更新日:2020年4月1日更新

 

交通事故にあった場合

 交通事故など、第三者(加害者)が原因で傷害を受けた場合でも、国民健康保険証を使用し治療を受けることができます。この場合は、国保で医療費を一時的に立て替え、あとで加害者に過失の割合に応じて請求することになります。
 第三者の行為による被害届などの提出が必要ですので、すみやかに市民環境課まで届け出をしてください。

届け出に必要なもの

  1. 国民健康保険証
  2. 世帯主の印鑑
  3. 世帯主および対象者のマイナンバーカードまたは通知カード
  4. 交通事故証明書(後日でも可)
  5. 次の書類を作成し、できるだけ早く届け出をしてください。

※示談は慎重にしましょう
 先に加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませてしまうと国保で治療を受けられなくなる場合がありますので注意してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)