ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 市教育委員会の共催・後援名義・賞状交付などの手続きについて

本文

市教育委員会の共催・後援名義・賞状交付などの手続きについて

記事ID:0003913 更新日:2019年10月16日更新

市教育委員会後援など

市以外の機関が実施し、有形もしくは無形に児童・生徒および青少年の指導育成に貢献し、または社会教化のためと認められるものに関して、ポスターなどに後援者などとして市教育委員会の名称を記載することを許可しています。
使用にあたり、事前に市教育委員会に申請し、承認を得る必要があります。

区分

共催 市教育委員会が主催者の一員として参加するに足り得る、公益性の非常に高い行事であると認められるもの
後援 市教育委員会が趣旨に賛同し、積極的に支援する価値のある行事であると認められるもの

承認対象

  • 国および地方公共団体
  • 学校法人
  • 社会教育関係団体
  • その他教育委員会が適当と認める個人または学校法人以外の法人または団体

承認の基準

市の信用を失墜することのないよう、次の基準に基づき後援などの承認の可否を決定しています。

  1. 教育的に有意義なものであること。
  2. 営利を目的としないこと。
  3. 特定の政党その他政治団体、宗教または宗派を支持し、支援するものでないこと。
  4. 特定の主義主張を浸透させる目的を有しないこと。
  5. 参加者などに対して過重な負担を負わせないものであること。
  6. 教育行政の運営に支障を及ぼさないものであること。

手続き方法

承認の申請

共催・後援名義の申請書は、行事を実施しようとする30日前までに提出してください。
また、行事内容が分かる資料を申請書に添付してください。
なお、行事を行うにあたり料金を徴収する場合は、収支予算書が必要となります。

承認の取り消しについて

後援などの承認を受けた機関が、規定に違反して実施またはおそれがあると認めるときは取り消します。

行事の報告書の提出

共催・後援名義の実績報告書は、行事終了後30日以内に提出してください。
また、行事を実施したことが分かる資料を実績報告書に添付してください。
なお、行事を行うにあたり料金を徴収した場合は、収支決算書が必要となります。

関連ページ

山県市教育委員会(共催・後援名義・賞状交付)等